ハンドベルについて

ハンドベルはどんな楽器?
私達が普通ハンドベルと呼んでいるものは、正しくはイングリッシュ・ハンドベルといいます。中にあるクラッパー(振り子)が金属部分を叩くことで音を出します。クラッパーは一方向にだけ往復するようになっており、ベルを振るたびに一度だけ鳴るようにスプリングで調節してあります。

一つのベルは一つの音程の音しか出すことができないので、曲を演奏するには2オクターブ(25個)から6オクターブ(73個)のベルを用意します。また一人で4〜5個を受け持つので、音域によって8〜15人でチームを作ります。

リンガー(ベルの奏者)は一人一人全部が異なる音を受け持つので、演奏には一人も欠けることができません。練習や演奏することで責任感、集中力、協調性を養うことができることから教育楽器としても注目されています。また年齢や身体の障害を問わず用いることができますので、リハビリテーションにも効果的です。

Copyright © 2000-2007 Handbell Ringers of Japan. All rights reserved.