ハンドベル連盟について
  
ホーム
連盟について
あゆみ
理事長あいさつ
講習会
フェスティバル
世界大会/IHC
地区活動
入会方法

日本ハンドベル連盟のあゆみと活動

創立とあゆみ
 ハンドベルは400年以上の歴史を持つ楽器ですが、日本に導入されたのは遅く、第二次世界大戦後、宣教師の紹介によってでした。その後次第に普及し、1976年にハンドベル連盟が創立されました。この創立には池宮英才、伊藤朗、M.I.ケリー、坂野延子、森優、申善珠、などが中心になって参加し、奉仕と普及を活動方針とした組織として今日に至っています。2012年2月に認証を受け、新たに特定非営利活動(NPO)法人として活動をスタートさせました。
 
Kerry先生
第1回全国ハンドベルフェスティバルにおいて
日本のハンドベルの父 故M.I.Kelly先生
Click! 52k

歴代連盟理事長
 
1975年11月20日連盟創立
初代理事長池宮 英才(東京女子大学教授)
1983年 1月15日 
二代目理事長伊藤  朗(元青山学院初等部長)
2007年8月17日 
理事長代行下田  和男(元和泉短期大学教授)
2007年11月4日 
現理事長日野原  重明(聖路加国際病院理事長)

連盟主催行事のあゆみ
 
全国ハンドベルフェスティバル1976年〜
夏期講習会1977年〜
指導者講習会1981年〜
小編成講習会1990年〜

Copyright © 2000-2012 Handbell Ringers of Japan. All rights reserved.
Last Modified: 12.02.21