ハンドベル連盟について
ホーム
連盟について
あゆみ
理事長あいさつ
講習会
フェスティバル
世界大会/IHC
地区活動
入会方法

世界大会/IHC


ハンドベル世界大会
ハンドベル世界大会の誕生は、1982年8月にさかのぼります。当時のアメリカハンドベル連盟の理事長が、日本の夏期講習会に特別講師として招かれた際に、国境を越えたリンガー同士の交流が発案されました。こうして、世界中のリンガー達による「ハンドベル世界大会」の開催が決定されました。その主目的は、国境を越えた交わりの実践、ハンドベル音楽の発展、音楽を通じた世界平和の祈念が掲げられています。
 
こうして誕生したハンドベル世界大会は、各国持ち回りで2年に一度開催されることとなりました。第1回は、1984年にアメリカで行われ、1986年、1998年、そして2010年には日本で開催されました。回を重ねるごとに参加者数、参加国数、規模ともに拡大しています。
世界大会.ja

1998年、幕張メッセイベントホールで行われた世界大会ファイナルコンサートの模様
Click! 64k


>>これまでの世界大会開催の歩み 1984年〜



国際ハンドベル委員会
1986年には、ハンドベル世界大会の規約の統一と、各国組織の国際的な情報交換の場として、国際ハンドベル委員会( IHC )が発足しました。IHCは1996年、元アメリカハンドベル連盟理事長ウィリアム・グリフィン氏を初代委員長として以来、組織的にも強化され、ハンドベル世界大会の開催国の決定、参加者数の調整、規約の承認などを行っています。委員会は2年に一度世界大会期間中に開かれ、現在は、アメリカ、日本、イギリス、韓国、カナダ、オーストラリア、香港の7カ国が加盟しています。
第1回世界大会

左から
 デヴィッド・デヴィットソン
  (第1回世界大会会長)
 申 善珠
  (IHC 日本代表)
 ウィリアム・グリフィン
  (元IHC 委員長)


Copyright © 2000-2012 Handbell Ringers of Japan. All rights reserved.
Last Modified: 12.02.21